箱猫ライフ

箱庭作りと猫11匹との気ままな生活ブログ

カムが虹の橋を…①


f:id:m-mocchan0629:20161018151335j:image
犬のカムはオスなのですが、猫のミルクの事を一生懸命面倒をみてくれてるのです、不思議なものです!?
ミルクがカムのシッポにジャレたり噛みついたりしても怒らずやらせ放題です!背中に乗られて暴れると、さすがに我慢が出来ず逃げ回ってます、今度はカムがミルクのお尻を嘗めて追いかけ回します♪
2匹の生活が10ヶ月続いた頃、Facebookの地元地域のグループのメンバーさんの1人が自宅の玄関先に仔猫が居て保護したらしいのですが、賃貸マンションなので飼えず、里親募集の掲載をしてきたのです、直ぐに見つかるだろうと思っていたのですが、なかなかコメントが付かず心配にはなったのですが、休日の買い物などで出掛けたりして忘れていたのですが、夜になり何気なくFacebookを見るとまだコメントがついていないのです、直ぐに見つかるかと思ったのですが、里親さんが見つかったかのコメントでも入れようかと思ったのですが関わっても何もできないのでためらっていたところ、嫁さんがどうしたのと声を掛けてきたのです、嫁さんはFacebookはやらないので、里親さんの話をすると家で引き取ったらと!ぶったまげた答えが返ってきたのです!良いのかと聞くと1匹も2匹も同じだよ!だって!?
早々にコメントすると、里親さんが見つかったとの返事があり、ホッとしたのと残念な気持ちが入り乱れ~

取り合えずコメントにダメなときは、我が家で引き取る用意が有ることを書き込んでおいたのです!

その日の夜遅くに、里親さん募集の方から連絡が、里親さんになる方が見に来てあまりにも小さいので飼う自信がないと帰られたそうなんです、それにFacebookの方が保護したのではなく友達の話でFacebookでシェアをしただけなのでした!そこからご本人に連絡を直接とり、話を聞くことに…深夜のため今日は無理なので明日と言うことになりお互い休みだったので時間の打ち合わせで夕方、駅の改札口で待ち合わせをする事にお互いの携帯の電話番号を交換してその日は就寝したのです。

次の日、買い物などを午前中に済ませて仔猫を迎える準備です!保護してくれた方からの情報によれば、黒猫で産まれたばかりのようで、よく鳴く元気な仔猫だそうです、よく鳴く仔猫だから気がついたそうで鳴いていなければ気がつかなかったそうです、時間より少し早く改札口についたのですが、顔など分かりませんが直ぐに分かりました!何故ならば、クロネコヤマトの箱を持って待っていたからです♪黒猫の仔猫をクロネコヤマトの箱に入れてくるなんて、なかなかユーモアのある方だと近づき声をかけると保護者の方でした!混雑する改札口では人にぶつかり箱を落としてはいけないと人の少ないところで箱を開けて確認すると想像よりかなり小さいのでビックリ‼

早々に挨拶を交わして帰路へ

家に帰り仔猫を見ると私が見ても産まれたてにしか見えないのです、元気のよい仔猫で鳴いてばかり、嫁さんが直ぐに抱いてスポイトでミルクを飲ませると飲むは飲むは…お腹が空いて鳴いていたようで飲み干すと寝てしまいましたzzz…
f:id:m-mocchan0629:20161018190548j:image
f:id:m-mocchan0629:20161018190221j:image

仔猫は寝てしまいましたが、カムとミルクは大変です~♪仔猫が気になりワサワサです!2匹で匂いを嗅ぎ回り、ミルクは仔猫が入っていた箱に出たり入ったりで落ち着きません!カムはカムで仔猫のお尻を嘗めさせろと嫁さんの傍から離れません!

この仔も我が家の一員になるのには心配なさそうです♪
f:id:m-mocchan0629:20161018190748j:image

次の日に仔猫を動物病院に連れていき検査とノミダニの駆除をしてもらいました、診断の結果は良好で、ひと安心♪ただ驚いたことが1つ!

動物病院の先生いわくまだ目も開いていないので産まれて2~3日だと言うのです、だとすると保護された日に産まれた可能性があるのです、

奇跡としか言いようがありません♪

たぶん母猫が産み落とし仔猫達をくわえて移動している途中の1匹だったのかも?
f:id:m-mocchan0629:20161018185142j:image

取り合えずミルクが入っていた衣装ケースで育てます♪

f:id:m-mocchan0629:20161018201952j:image

ぼくの名前はクルミだよ~♪

覚えてね!

カムはクルミの母親代わりにも…

f:id:m-mocchan0629:20161020205610j:image
昼間は私達が仕事で居ないので衣装ケースの中に居てもらってます何かあっては大変ですからね!自分で出てこられるようになれば、成長の証なのでみんなと一緒にいてもらいます。

私達が仕事から帰りケースの外へ出すと寝ているカムのお乳を探すのです、頭をカムのお腹に押し付けながらお乳を探してます、そんな姿を見ると涙腺が緩みます、まだまだお乳が恋しいよ!カムもそれを知ってか動かずクルミを見守ってくれてます。
f:id:m-mocchan0629:20161018203328j:image

ミルクと言えば、クルミと1年と違わない仔猫なのにクルミの面倒を見てくれるのです、いつも傍にいてくれるので安心です。
f:id:m-mocchan0629:20161018203548j:image

あれ!?

またまた長文に(^^;

この続きは、また明日~♪